ロシア行き航空券のご予約はぜひAXESSをご利用ください!
ワールドカップの開催、また日本、ロシア両政府が方策としている日露間の人的交流強化の年として、2018年は特にロシアが注目されることが予想されます。今回はロシアの魅力と、AXESS取り扱いロシア行き航空会社を紹介いたします。
2018年、ロシア注目の年
2018年6月に2018 FIFAワールドカップが開催されます。開催候補地としてはカリーニングラード、カザン、モスクワ、ニジニ・ノヴゴロド、サンクトペテルブルク、サマーラ、サランスク、ソチ、ヴォルゴグラード、ロストフ・ナ・ドヌ、エカテリンブルクの11都市が予定されています。また、日本から最も近いヨーロッパとしてウラジオストックなどの都市が挙げられる他、ロシアは世界最大の面積を有し、東から西まで各地に多くの観光都市が存在します。
AXESSでは日本-ロシア直行便運航航空会社社の取扱いが可能です
日本航空、アエロフロート・ロシア航空運航便はAXESS CREA Advanceにてリッチコンテントがご利用いただけ、さまざまなアンシラリーサービスや運賃などの各種情報を豊富な画像でご確認いただけます。
またヤクーツク航空は2017年11月より予約リンクレベルが上がり、より正確かつ迅速な手配が可能となりました。ロシア行き航空券の予約・発券には、ぜひAXESSをご利用ください。
Seamless
(シームレス・アベイラビリティ機能)
D/S(ダイレクト・セル機能)
D/A(ダイレクト・アクセス機能)

L/D(ロケーター・ディスプレイ機能)


:空席照会時、ダイレクト・アクセスエントリーをすることなく
 最新の空席状況を表示する機能
:予約と同時に航空会社で座席が確保される機能
:「@航空会社コード@日付区間」のエントリーにて、指定した
 航空会社の最新の空席を表示する機能
:航空会社システムの予約記録を受信し、AXESS PNRに記録・
 表示する機能

ロシア系航空会社の予約時における注意点
・ロシア系航空会社ではチェックイン強化にともない旅客情報の事前入力が必要となります。ご予約の際はSSR DOCSでパスポート情報の入力をお願いいたします。詳しくは 〔CNA0000029〕をご覧ください。
<SSR DOCSの入力例>  
 3 SSR DOCS XF HK1/P/JP/TF1234567/JP/24JUN80/F/07APR18/ODA/AKIKO
※詳細については各航空会社にご確認ください。
アエロフロートはロシア最大の航空会社として、また世界でも有数の長い歴史を持つ会社として事業を展開しています。1923年3月17日に設立された「ドブロリョート」を前身として設立され、2018年には創立95周年を迎えました。英国ブランド・ファイナンス社の調査により、「世界で最も有力なエアラインブランド」、「ロシアで最も有力なブランド」に選出されました。2017年12月にはワールド・トラベル・アワードにてワールド・リーディング・エアライン・ブランド部門で受賞を果たしました。
アエロフロートはロシアの航空会社として初めて、英国スカイトラックス社より4スターの認定を受け、同社が毎年主催するスカイトラックス・ワールド・エアライン・アワードでは通算6回に渡り「東ヨーロッパ最優秀航空会社」に選出されました。また2017年にはアメリカの航空業界団体APEXより、最も権威ある「グローバルエアライン」部門で5スター認定を獲得しました。
モスクワ・シェレメチェヴォ空港を拠点とするアエロフロートの保有機材は全224機、平均機齢4.1歳は世界随一の若さを誇ります。またアエロフロートの高い安全性と高品質のサービスを評価したマンチェスター・ユナイテッドとパートナーシップ契約を締結し、オフィシャル・エアラインとしてチームや役員の空の旅をサポートしています。
6月よりロシア各都市で開催される2018 FIFAワールドカップに向け、日本代表チームとコロンビア代表チームとの初戦が行われるサランスクへ新規就航いたします。これによりモスクワを含む開催地11都市を全て網羅するネットワークを構築します。 さらに、7月からはブルガス(ブルガリア)、クズロルダ(カザフスタン)へ新規就航いたします。
アエロフロート・ロシア航空
日本支社 お問合わせ:03 - 5532 - 8781 <代表・予約>
オーロラ航空(HZ)のご紹介
オーロラ航空は2013年にサハリン航空とウラジオストク航空が合併しアエロフロート・ロシア航空のグループ会社として誕生した航空会社です。
就航路線と使用機材
現在定期便として、東京(成田)―ウラジオストク路線(週4便)、札幌(新千歳)―ユジノサハリンスク路線(週4便)をBombardier Q400(座席数70席)で運航を行っています。
2018年8月から始まったE-Visa(ロシア版 ETAS/無料)について
ウラジオストク渡航の際に必要だったロシアビザ(査証)の取得が不要となりました。旅客(日本国籍)がウラジオストク空港を出入国する場合と限定されますが、事前にロシア外務省のHPからオンラインでE-Visa(無料)を申請すると大使館でのロシアビザ(査証)の取得は不要となります。詳細はロシア外務省(E-Visa) http://electronic-visa.kdmid.ru/index_en.html まで。



ロシア極東へのお越しを心よりお待ち申し上げております。
お問い合わせ先:オーロラ航空 日本代表事務所(UTSエアサービス株式会社)
電話番号(東京):03-5733-4072
電話番号(札幌本社):011-222-1435
営業時間:09:00〜18:00 (土日祝日お休み)
オーロラ航空/英語:http://www.flyaurora.ru/en/
オーロラ航空/日本語:http://www.uts-air.com/aurora/
S7Airlinesはロシアの国内線運航で最大手の航空会社です。旅客向けサービスを積極的に展開しながら時間厳守をモットーにその地位を守り続けています。
広域なネットワーク
S7Airlinesは、航空交通の要衝である5都市、モスクワ(ドモジェドヴォ空港)、ノボシビルスク(トルマチョヴォ空港)、イルクーツク、ハバロフスク、ウラジオストクを拠点とし、広範な国内線ネットワークを持っています。また、独立国家共同体、ヨーロッパ、東南アジア、アジア太平洋地域、中東地域諸国への定期便を運航しています。
最新の保有機材
現在S7Airlinesはロシアの航空輸送市場の中でも最も「若い」部類に属する最新の機材を保有しています。保有機材の平均機齢は9年です。すべてのフライトの旅客機はエアバス社、ボーイング社、エンブラエル社のみを使用しています。
S7航空 日本地区代表事務所
0476-34-6058
成田-ユジノサハリンスク線は、週2便 定期運航しております!
ヤクーツク航空(R3)では、2016年11月1日より成田-ユジノサハリンスク(UUS)線の定期運航を開始いたしました。 (火曜日・金曜日の週2便運航) この路線では、ロシア製の新機材・スホイスーパージェットSSJ100型を使用。 新機材なだけあって、機内は綺麗で快適!約2時間の空の旅をお楽しみください。
充実のサービス!
ヤクーツク航空(R3) 成田-ユジノサハリンスク線では、エコノミークラスとプレミアムエコノミークラスをご用意。ボリューム満点でおいしい機内食は、ご搭乗いただいたお客さまからご好評をいただいております。
また、無料受託手荷物 2個まで(エコノミークラス 23kg内/プレミアムエコノミークラス 32kg内)※1や、搭乗ゲートに近いNarita TraveLoungeを 利用することが可能です。※2
※1 Vクラスをご予約のお客さまは、無料受託手荷物1個までとなります。
※2 エコノミークラスのお客さまがNarita TraveLoungeを利用される場合は、有料となりますので、ご了承ください。 プレミアムエコノミークラスのお客さまは、無料でご利用いただけます。

Narita TraveLoungeの詳細は、こちらよりご確認ください。
懐かしさと新しさをあわせ持つユジノサハリンスクは、今注目のディスティネーションのひとつです!
ユジノサハリンスクの街並みは、樺太時代の雰囲気や自然があり、どこか懐かしい気分を味わうことができます。 また、美しいロシア正教会などヨーロッパを感じさせる建物もあり、そこからも歴史を感じられます。 近年では、スタイリッシュなカフェ・バーなども増え、常に進化を遂げているディスティネーションと言えます。 ユジノサハリンスクの最新情報はこちらよりご確認いただけますので、ぜひご覧ください。
お問い合わせ先:ヤクーツク航空 
日本代表事務所(インターアビエーションジャパン)

電話番号:03-6402-1350
営業時間:09:00〜18:00
ヤクーツク航空 指定販売代理店:
株式会社ジャパン・エア・トラベル・マーケティング

電話番号:03-6402-2575
営業時間:09:00〜18:00
前のページへ 次のページへ